第6回厚生労働省ICFシンポジウム開催について(ご案内)-終了しました-

  ICF(国際生活機能分類)は、2001年5月にWHO総会で採択されて以来、普及を促進するための研究開発が行われてきており、我が国においても「疾病」と「生活機能」両面からの評価を可能とする共通言語として注目を集め利用が進み始めています。
こうした動向をふまえ、更なるICFの実用化にむけて、各分野でのICFの具体的な活用事例に焦点をあてたシンポジウムが開催されますので、ご案内します。
SKM_C754e17020312580のサムネイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする